結局、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアってどっちがいいの?

ミノキシジルの3倍の効果があるとも噂される成分であるキャピキシル(実際にはミノキシジルの方が効果がありますが・・・)。

ミノキシジルと同等の効果がきたいでき、ミノキシジル誘導体とも言われる成分のピディオキシジル(実際にはミノキシジル程の効果は期待できません。)。

これらの注目の成分を両方とも配合している育毛剤として人気が高いのがボストンスカルプエッセンとフィンジアです。

そして、多くの人はボストンスカルプエッセンスとフィンジアのどちらを購入したらいいのかというところで悩んでいると思いますが、結論から言うとボストンスカルプエッセンスの方が良いです。

なぜ、ボストンスカルプエッセンスの方が良いのか?

それを価格や成分、保証制度などの様々な点を比較しながら以下で詳しく解説していきます。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの価格を比較

ボストンスカルプエッセンス フィンジア
通常価格 9,800円 12,800円
定期コース 8,800円(初回980円) 9,980円
3本まとめ買い 取り扱いなし 34,800円

キャピキシル育毛剤って他の育毛剤に比べて高いですよね?

ま~注目成分が配合されているのだから仕方がないと言えば仕方がないのですが、それでも安く購入出来るのに越したことはないです。

しかも、育毛剤は継続して使用しないと意味がないですし、効果があって改善したとしても継続して使い続けなければまた薄毛が進行してしまうので半永久的に購入することになるわけですからかなり大きな違いになってきます。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの価格を比較した場合に通常価格では3,000円、定期コースでも1,000円はボストンスカルプエッセンスの方が安いです。

しかも、ボストンスカルプエッセンスの場合には定期コースで購入した場合には最初の1本は980円で購入できるのでかなりお得です。

という事でボストンスカルプエッセンスとフィンジアのどちらの方が価格的にコスパが良いかというとボストンスカルプエッセンスの方がコスパが良いです。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの成分を比較

ボストンスカルプエッセンス フィンジア
内容量 60ml 50ml
キャピキシル 5% 5%
ピディオキシジル 1.5% 2%
その他の注目成分 フラーレン
オレアノール酸
活髪因子
カプサイシン

価格が安くても効果がなければ育毛剤を使う意味はないですよね?

そこで、その育毛剤にもっとも効果があるかどうかの判断をする上で重要なのが配合されている成分です。

まず、キャピキシルに関してはボストンスカルプエッセンスもフィンジアも共に5%配合されており、一方でピディオキシジルに関してはボストンスカルプエッセンスは1.5%、フィンジアは2%配合されています。

一見、このように比較するとボストンスカルプエッセンスよりもフィンジアの方が配合されている成分が優れているかのように感じますよね?

でも、冷静に考えるとそうではないのです。

ボストンスカルプエッセンスの内容量は60ml、フィンジアの内容量は50mlです。つまり、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアに配合されているキャピキシルとピディオキシジルの量はというと・・・

  • ボストンスカルプエッセンス・・・キャピキシル0.3ml/ピディオキシジル0.09ml
  • フィンジア・・・キャピキシル0.25ml/ピディオキシジル0.1ml

そうなんです。キャピキシルとピディオキシジルの総量はボストンスカルプエセンスが0.39mlなのに対して、フィンジアの総量は0.26mlなので圧倒的にボストンスカルプエッセンスの方が多いのです。

しかも、ボストンスカルプエッセンスもフィンジアも共に1本で1カ月分なので、どちらの方が効果が期待できるかは言うまでもありませんよね?

しかも、キャピキシルやピディオキシジル以外の成分を確認してみても、フィンジアに関しては特に注目成分として配合されているのはカプサイシンしかないのに対してボストンスカルプエッセンスに関してはフラーレンやオレアノール酸、活髪因子などの注目成分も配合されています。

という事で、キャピキシルとピディオキシジルの配合されている濃度だけで判断するとフィンジアの方が優れているように感じるのですが、それはあくまでも育毛剤の容量が少ないから濃度が濃いだけであって実際に成分が配合されている量はかなり少ないです。

また、その他に配合されている成分などを比較してもボストンスカルプエッセンスの方が効果が期待できると思います。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの保証制度を比較

ボストンスカルプエッセンス フィンジア
保証期間 45日間 30日間

ネットで販売されている育毛剤では結構当たり前らしいのですが“全額返金保証”というものが設けられています。

これは実際に育毛剤を使ってみて育毛剤に満足できなかった場合に、保証期間内であれば全額返金してもらえるという制度みたいです。

そして、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアにも全額返金保証制度が設けらえいますがボストンスカルプエッセンスは45日間なのに対してフィンジアは30日間です。

因みに、ボストンスカルプエッセンスもフィンジアも1本で30日分なので、フィンジアは1本丸々使い切ったその日の全額返金保証制度を利用しないと期限が切れてしまいます。

下手すると1回の使用量によっては1本丸々使い切る前に全額返金保証期間が来てしまう可能性があります。一方でボストンスカルプエッセンスは返金保証期間が1カ月半あるのでそういった心配はありません。

なので、保証制度に関してもフィンジアよりもボストンスカルプエッセンスの方だ優れていると言えます。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの使い易さを比較

ボストンスカルプエッセンス フィンジア
タイプ スポイトタイプ スプレータイプ

最後にボストンスカルプエッセンスとフィンジアの使い易さについて比較します。

ボストンスカルプエッセンスは育毛剤の中では珍しいスポイトタイプで利用するのに対して、フィンジアは他の育毛剤と同じようにスプレータイプを採用しています。

この使い易さに関しては個人差があるので、なかなかどちらが良いという判断は難しいので、どちらの方が効率が良く育毛剤を利用できる判断したいと思います。

そもそも、育毛剤というのは髪の毛ではなく、頭皮に塗布しなければ意味がありません。

これは花や木などで考えてもらえればわかると思うのですが根っこに水をやらなければ意味がないのと同じで、育毛剤も毛根に浸透するように頭皮に塗布しなければ意味はありません。

そして、育毛剤を頭皮に塗布すると考えた場合、スポイトであれば頭皮に直にあてて薬液を塗布できるのに対してスプレータイプだとどうしても髪の毛についてしまいます。

せっかく、育毛に有効な成分が配合されていても髪の毛についてしまっては意味がありません。

だからこそ、国内で医薬品成分であるミノキシジルが配合されているリアップX5やメディカルミノキ5などはスプレーノズルを採用していないのではないかと思います。

という事で、効率良く育毛剤を使用できるのもフィンジアではなくボストンスカルプエッセンスと言えます。

まとめ

ここまでのボストンスカルプエッセンスとフィンジアの比較内容をまとめると以下のようになります。

  • 価格はボストンスカルプエッセンスの方が安い
  • 成分はボストンスカルプエッセンスの方が優れている
  • 返金保証期間はボストンスカルプエッセンスの方が長い
  • ボストンスカルプエッセンスの方が効率よく使える

実際に、私はボストンスカルプエッセンスを購入する時に確かに『フィンジアを購入するか、ボストンスカルプエッセンスのどちらを購入しよう?』と悩みました。

ですが、結局は今回の比較内容の結果からも分かるようにボストンスカルプエッセンスの方が優れていることが分かります。

なので、もしフィンジアかボストンスカルプエッセンスのどちらを購入しようか悩んでいる場合にはボストンスカルプエッセンスで間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です